スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うぐぐ

2009年06月22日 20:20

イギリスGP
セカンドスティントからテンションだだ下がりで涙・・・

今回は~、どれだけ自分のペースで走れたかが結果に繋がるGPでしたね

一番自分のペースで走れたのはヴェッテル
ピットタイミング、またはウェバーがピットでバリチェロを抜いてなかったらグランドスラムでしたね・・・
2、3周しかトップを譲らない神懸ったレースを展開できました
ウェバーも第一スティント以外は安全に、バリチェロも前が早かったですから余裕でしたね
4位以下の人達は引っかかったかどうかが勝敗を分けた感じですね



引っかかりの原因は、トゥルーリとハイドフェルド
ポジションが落ちた組にとって一番うらめしいのはこの二人ですね
第一スティントでハイドフェルドに引っかかった組は入賞の目が無くなるまで押さえ込まれました
ハイドフェルドのアロンソキラーっぷり恐るべし・・・
アロンソが可哀想で仕方なかったです、ニックも好きなんだけどさ!w

一番美味しかったのはマッサでしょうね、ニックに引っかからず、第一スティント終盤の安定したペースと燃料搭載量のおかげでトゥルーリの前に出られましたから

ロズベルグはセカンドスティントでバリチェロに引っかかったと言っていましたが、結果論ですがもっと長いセカンドスティントにするしか手はなかったでしょうね。

バトンはうまくやりました、第二スティントでトゥルーリの後ろにしかならないかわりに多めに積むことできっちりピットで逆転してきましたね。スタートでトゥルーリにやられたことを考えると最大限に傷を小さくした感じ

トゥルーリに関して言うことはありません・・・
トヨタは主眼を置くところを間違ってると思ふ

ライコネンはトゥルーリに引っかかったのがすべてでしたorz、最初のピット給油量が対トゥルーリでは少なかったというか、アウトラップのトゥルーリを超えられなかったのが痛かった><

でも、個人的MVPはオーバーテイクを魅せてくれたフィジケラさんかな?
インドは今年中にポイント獲得期待出来る気がしますねぇ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ychoco.blog31.fc2.com/tb.php/45-cba193bc
    この記事へのトラックバック


    Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。